第23回 中野区伝統工芸展

Pocket
LINEで送る

 4月1日から名称が新しくなった中野区産業振興センター(旧名称=中野区勤労福祉会館、中野区中野2)で6月6日から、「中野区伝統工芸展」が開催される。主催は中野区伝統工芸保存会。

 

江戸時代から伝わる中野区内の伝統工芸を中心に紹介する同展は今年で23回目。「見て・作って・愉(たの)しむ」をコンセプトとし、同区で活躍する伝統工芸職人による手描友禅や着物仕立て、東京無地染、佐賀錦、曲物、江戸木彫刻、型紙彫刻、江戸べっ甲、結納台、和人形、木彫り人形、江戸表具、組みひも、能面仏像、彫刻ガラス、楽器オルゴールなどを展示する。

 

20140519-01-01 20140519-01-02

 

http://nakano.keizai.biz/headline/468/

Loading… Loading…