「RAKUGOを世界へ」@明治大学中野キャンパス

Pocket
LINEで送る

4月21日・5月19日・6月30日(すべて木曜)の3回、「RAKUGOを世界へ~フランス人落語パフォーマーから見た日本伝統芸術とその海外への展開~」という講座が明治大学中野キャンパスで開催。

 

5代目故・三遊亭円樂師匠が中野区に住んでいらっしゃった関係で、中野区には間違いなく落語の文化が根付いています。そして今回の講師はシリル・コピーニさんというフランス人落語パフォーマー。少しずつ国際色豊かになってきた中野区ですが、落語は日本伝統芸術「RAKUGO」として海を渡っています。

 

詳しくはこちら。
https://academy.meiji.jp/course/detail/2879/

Loading… Loading…